【映画『典座-TENZO-』特別上映報告】

2019年06月7日 / 全曹青映画 典座-TENZO-

 令和元年六月五日、宮城県仙台市の楽楽楽ホールで曹洞宗東北管区教化センター主催「禅を聞く会」が開催され、映画『典座-TENZO-』が特別上映されました。
この映画を鑑賞するために会場には、約300人を超える参加者が集まりました。

上映前に河口映画事業実行委員長より挨拶が行われ、参加者の皆様は「椅子坐禅」を組み、会場全体が和やかな雰囲気で上映されました。

映画上映後、河口映画事業実行委員長が講話を務め、「誰しもが抱えている『食』への悩みを身近な生活として描き、そこに仏教の教えがどのように寄り添っているのかを表現したかった。映画を観た方が仏教について考えるちょっとしたきっかけになると何よりも有難い」と話されました。

イベント終了後、参加者の方々に映画の感想を伺ったところ、「食に対しての意識が変わった」、「命の尊さを感じる映画だった」などの意見を聞く事ができ、大変満足されたご様子でした。

映画についてはこちら【映画『典座-TENZO-』】オフィシャルサイト http://sousei.gr.jp/tenzo/