禅文化学林 東日本大震災慰霊・復興祈願法要のご報告

2012年03月13日 / 全曹青からのお知らせ, 禅文化学林

東日本大震災発生から1年となる3月11日、福島県成林寺において、東日本大震災慰霊・復興祈願法要が開催されました。
(主催:全日本仏教青年会 主管:全国曹洞宗青年会 協賛:世界仏教青年連盟)

法要に先立ち、東京大学医科学研究所特任教授・上 昌広氏が「〜放射能と内部被ばく〜」をテーマに講話。
午後2時半より、全日仏青理事長・村山 博雅師を導師に、慰霊法要が厳修されました。
午後2時46分、鐘の音が響く中で黙祷した後、読経中には原発事故によって飯舘村から避難を余儀なくされている方々や成林寺檀信徒、一般参列の皆さまが心静かに焼香されました。
_DSC2542

続いて全曹青 松岡 広也会長を導師に復興祈願法要を厳修。
大般若転読により、被災地の復興を祈願しました。
IMG_9169 _DSC2729

法要後、宗教者災害支援連絡会代表・島薗 進氏による講話、
世界仏教青年連盟(WFBY)事務総長・Denphong Suwannachairop氏による挨拶があり、
午後4時半に幕を閉じました。

全日本仏教青年会メンバー、全曹青会員による宗派を超えた荘厳な法要となった本行事には約200名が参加。
全曹青としては初めての試みとなったUSTREAMによるインターネット中継をのべ約350名の方がご覧になるなど、多くの方々が心一つに祈りのひとときを過ごしました。

○USTREAMの録画映像はこちらからご覧いただけます http://www.ustream.tv/recorded/21027205