第4回つるみ夢ひろばin總持寺【2015.12.14更新】

2015年12月14日 / 全曹青からのお知らせ, 執行部, 活動, 災害復興支援部, 総合企画委員会

平成27年11月3日に「第4回つるみ夢ひろばin總持寺」が大本山總持寺で行われました。

当行事のテーマ「横浜・鶴見の文化や歴史に親しみ、東日本大震災の被災地と絆を深める」と掲げられている事から、全国曹洞宗青年会では開催趣旨に賛同し、その活性を図る為、総合企画委員会・災害復興支援部両会のブース出店許可をいただき、参加・出店をさせていただきました。

総合企画ブースでは、被災地に想いをよせていただくため絵馬への記入スペースや頒布物の販売、一筆箋(写経)スペースを設けご来場の方がたとの交流を深めました。

災害復興支援部ブースでは、ストックヤードの重要性をご来場の方がたにより理解していただくため、解りやすいチラシの配布やストックヤードに設置されている主な物の展示、また災害時を想定し炊出しステーションを使って汁物の炊出し、アルファー米の炊出し実演などを行い、約1,000食分の炊き出しを予定の時刻よりも大幅に早く無料提供することができました。

実際に食べていただくと「思ってたより美味しい」「米が甘くてびっくりした」「これなら毎日食べても飽きない」など、『非常食』という考えを良い意味で裏切り、『食』の面からストックヤードの重要性と被災地への想いをよせていただけたのではないかと思います。
20151103つるみ夢広場 (1)

20151103つるみ夢広場 (2)

20151103つるみ夢広場 (3)