新潟県曹洞宗長生青年会主催「僧食を学ぼう! 味来食堂」

2017年10月2日 / 各曹青会, 味来食堂事業, 教化委員会, 活動

平成29年9月29日(金)午後1時30分から、
新潟県長岡市JA越後ながおか「なじらーて東店」店内の市民交流施設「e-ne(イーネ)」調理実習室を会場に、
新潟県曹洞宗長生青年会(新潟県長岡市近郊の青年会)様主催、全曹青共催による、精進料理教室「僧食を学ぼう! 味来食堂」が開催され、新潟県内の16人が参加されました。

まず長生青年会にも所属されています、近藤真弘教化委員長の挨拶から始まり、今回の講師である長生青年会指導の下、二つのグループに分かれて調理が始まりました。

 

今回のメニューは、

お粥
飛竜頭と季節野菜の生姜あんかけ
インゲンと人参の胡麻和え
手作りくず餅
香菜

の五品です。

 

終始和やかな雰囲気でしたが、その中でも皆さん真剣にメモを取り、講師の方々に今回の調理の事に限らず様々な内容の質問をされていました。

盛り付けが終わり、近藤真弘教化委員長より精進料理の心得と食事の作法の説明を受け、全員で五観の偈を唱えた後、お料理をいただきました。

 

今回は、定員の16名を超える応募があり、キャンセル待ちのかたもいらっしゃったそうです。

参加者の皆様から「とても勉強になった」「次回もぜひ参加したい」といった声が聞かれ、この味来食堂によって精進料理の魅力が参加された人々に伝わったと感じました。