第23期委員会総会

2019年06月25日 / 執行部, 活動

令和元年6月18日、午後12時30分から曹洞宗檀信徒会館3階蘭の間で第23期委員会総会が開催されました。

これをもって、第23期の正式なスタートとなります。総会は開会の辞・会則唱和・端座と進み、原会長から今期の本会事業である過疎問題についての問題定義や、各会員の地元の青年会への積極的な参加等、激励の言葉が述べられました。

原会長から委嘱状が授与され、各委員長から委員会の活動説明がありました。

その後各委員で、委員会内配役の確認、担当副会長との意見交換、委員会会計・監査の説明等が行われました。

また総会終了後には、カンヌ映画祭出品作品である『典座―TENZO―』の上映研修会が行われ、河口智賢映画事業実行委員長より、この作品が出来上がり出品に至るまでの経緯、ならびに今後の展望についての説明、またカンヌ映画祭への参加、フランスでの反応など報告がありました。

今期の『今を創ろう 明日を咲かそう』のスローガンのもと、原会長を中心に全曹青が様々な人々の期待に答えられるよう、よりよい明日に向かって歩み始めました。