平成22年度 広報委員会 中間活動報告

2010年09月13日 / 広報委員会

平成22年 9月 14日
広報委員長 板倉省吾

【 活動報告 】

1. 2010年4月19日(月)午後6時より
第5回広報会議    於 東京グランドホテル3階・梅の間 11名参加
内容:『sousei』150-152号編集会議、HP『般若』のリニューアルについて

2. Web 会議室「Z.O.I」、ML を経由しての打ち合わせ(随時)
内容:『sousei』150-151号の編集、外部からの問い合わせへの対応協議等

3. 『sousei』150号編集作業
7月6日(火)~8日(木)    執行部理事校正
7月20日(火)~27日(火) 本庁校正及び会長による最終校正
7月29日(木) 校了
8月10日(火) 発行

4. 『般若』の運営(随時)
前年度から検討をしていた HP『般若』を、6月17日(木)付けでリニューアルし一般公開した。
総会での承認を経て、ダウンロードコーナー素材の拡充を事業化し、現在担当がイラスト依頼先(外注)と協議中.

【 今後の活動予定 】

1. 『sousei』151号の編集作業、及び22年度発行分の記事について検討する。

2. 『般若』の運営
引き続き情報収集と更新作業に当たる.従来以上に迅速な情報公開を心がけたい。 また、ダウンロードコーナーの素材作成についても、引き続き取り組む。

3. 全曹青 SNS の運営
利用者の更新状況や意見を参考に、一層の活用促進を図ると共に、来期以降の継続の是非 についても検討する。

4. その他
広報事業に関する各種コンテンツの連携、情報の整合性の向上を図る。 また、会員である青年僧の年代特有の日常底に根ざした趣向や問題意識、求道心を喚起し、 出来るだけ広汎に共有し得るコンテンツの内容を図りたい。