【開催告知】平成27年11月3日開催:第4回つるみ夢ひろばin總持寺【2015.10.26更新】

2015年10月26日 / 全曹青からのお知らせ, 執行部, 活動, 災害復興支援部

全国曹洞宗青年会は、今年で4回目を迎えた「つるみ夢ひろばin總持寺」に大本山總持寺さまから出店のお話をいただき、ブースを出店することとなりました。
この出店に対しまして災害復興支援部では、被災地支援と予防防災に関わるブースとしまして、ストックヤードの紹介・実演ブースを出店いたします。
 総合企画委員では、全国曹洞宗青年会の写経用紙を中心とした頒布物を頒布し、その活動の周知をはかるとともに、一筆箋写経用紙を用いた写経体験や被災地に届ける絵馬の記入スペースを設け、被災地に想いを寄せていただく為、ブースを出店いたします。
 多くの方がたのご来寺、ご参加を心よりお待ちしております。

開催名:第4回つるみ夢ひろばin總持寺
テーマ:横浜・鶴見の文化や歴史に親しみ、東日本大震災の被災地と絆を深める
期 日:平成27年11月3日(日)10:00~15:00(予定)雨天決行 荒天中止
場 所:大本山總持寺 【神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1 ℡045-581-6021】

【全国曹洞宗青年会ブース主な内容】
・ストックヤードをより理解していただく為、チラシの配布やストックヤードに設置されている主なものの展示。また、午前10時より午後2時まで随時炊出しステーションを利用しアルファー米の実演炊き・災害時の汁物の炊出し実演を行い、約1,000名分の来場者に対し試食として振舞う。
・写経用紙や絵馬等の頒布物の頒布。また、実際に写経体験・絵馬への記入をしていただき、復興再生を祈り被災地に想いを寄せていただき絆を深める。
夢ひろば広告写真